こどもにおすすめ歴史本5選

中学受験をすると決めたら読むべき佐藤亮子本3冊を紹介します。

ミタマロ

息子の中学受験前に参考にしたのが佐藤亮子さんの本でした。
僕たち夫婦は中学受験をしてないから勉強になったね

パパさん

ミタマロ

うん、こんなに大変なことなんだ~ってちょっと心配になったけどね(;^ω^)

 

こどもが歴史好きになるおすすめの本の記事はこちら

【体験談】こどもを歴史好きに育てたわたしが小学生におすすめする本5冊と歴史好きになるメリット5つ!

こどもの語彙力を増やすおすすめの本の記事はこちら

【おすすめ】中学受験にも対応できる語彙力を増やす本3冊と赤ちゃんの頃におすすめ本。

佐藤亮子さんとは?

 

3人の息子さんが、最難関の灘中⇒東大理Ⅲ

1人の娘さんも京都の名門である、洛南高等学校附属中⇒東大理Ⅲ(灘中は男子校なので娘さんは洛南を選ばれたのでしょうね)

に合格させた、凄腕ママです。

 

ご自身も私学の名門である、津田塾大学出身で、地元大分の私立中学で英語教師として教壇に立たれていました。

 

ご主人がお医者様ということで、遺伝もあるのだと思いますが、東大理Ⅲに4人のお子さんが進学されるということはかなり難しいと思います。

 

「東大理Ⅲ」とは、東京大学理科Ⅲ類のことで、東大医学部のことです。

 

日本で一番難しい大学の一番難しい学部ですね。

 

地方の国立医学部に入るのも専門の塾に通う等しなければ難しいのが現状で、兄弟全員を東大理Ⅲに入学させた佐藤亮子さんはやはりすごい。

ミタマロ

もちろん、灘中・洛南も、かなりの難関中学です。

受験をすると決めて読んでほしいのはこの3冊です。

「灘→東大理Ⅲ」の3兄弟を育てた母の秀才の育て方 難関中&医学部

「灘→東大理Ⅲ」の3兄弟の母が教える中学受験勉強法 

3男1女東大理Ⅲ合格百発百中絶対やるべき勉強法

 

黄色⇒赤色の順で読みましたが、内容がかぶる部分はありましたが、赤色の方は、タイトルどおり、中学受験に関して具体的な対策が書いてありました。

どちらか1冊だけを効率よく読みたい方は、赤い方を購入されたらいいと思います。

佐藤亮子本を読むメリット・デメリットは?

ミタマロ

受験のすべてをこどもに背負わせないことだと母親の責任の重さがわかりました。

わたしも夫も中学受験経験者ではありませんので、この方の本を読んでいなかったら母親の役割の大きさがわかりませんでした。

ミタマロ

こんなにも母親が関わらなければダメなんだ。

母親の覚悟が必要なんだ。

と感じました。

逆に、真面目なお母さんの場合は忠実に頑張ろうとしすぎて無理をしてしまうかもしれません。

いいところは取り入れて、自分には無理なところはやめておく。

こんな風に部分的に取り入れてもいいのかと思いました。

この本が合っている人はどんな人?わが家はどうだった?

 

ズバリ!!

★最難関やそれに近い志望校を目指している。もしくは偏差値が志望校に達していない子どもさん。

★母親、もしくは父親がとてつもない忍耐がある。

★子どもさんが大人っぽくて意志が強い。

 

この本のとおりにするには、わが家には無理がありました。

 

ミタマロ

まず、わたしが忍耐強くないので、はじめてもすぐにやめてしまうことばかりでした。

まず、真似したことは、マルつけをしてあげることでした。

マルつけですら実践できたのは、5年生の入塾したばかりの時だけでした。

慣れてきたら、自分でさせるようにしました。

ミタマロ

自分で採点するのも大事なことだよ。と子供には言っていましたが、実際は自分が大変だっただけです💦

 

テレビはやめられなかったし、毎日どんどん進んでいく問題集を、大きくコピーするなんて、とてもじゃないけど真似できなかった。

 

実際に塾に入れて、受験をしてみると佐藤ママのすごさは嫌なくらいわかりました。

ミタマロ

わたしにはこんなにできないよ。

 

幸い、わが家の場合は、志望校(灘ではないので)には偏差値が最初から届いていたこと。

 

息子の希望も最初から最後まで変わらなかったことで、無理をせずに合格をいただけたので、真似をしなくても済みました。

ミタマロ

ただの言い訳です。

 

もし、これから受験をされる方は、参考にできるところは参考にし、これはちょっとなあというところは省くなどして、上手く活用されたらいいと思います。

 

佐藤亮子さんのまとめ

 

この方の著書は、中学受験をしない方も、子どもさんがいる方は何歳の子どもさんがいても読むことをおすすめします。

読み物としておもしろいです。

「これだけ手をかけて育てている方もいるんだなあ」

「いやいや、ここまでしなくても!」

「子どもが可哀そう」

 

賛否両論あると思いますが、受験をする6年生の1年間はどの受験生にとっても辛い時期です。

 

中途半端に頑張らせて、合格させてあげられないよりは、徹底的に勉強させて、合格させてあげる方がいいと思いますし、実際4人のお子さんを合格させているこの方はやはり凄いです。

 

4人のお子さんが、ずっと誰かが受験だったわけですから(;^ω^)

 

普通のお母さんは、1人の受験でも疲れ果てますからね~

 

塾にもあまり相談出来ないですし、夫はいまいち気持ちはわかってくれない。

 

終わってみて、わかったことは、どんなお母さんも不安だったんだってことでした。

 

そういう時にも先輩の意見が書いてある著書を読むのがいいと思います。

 

これから中学受験本番ですが、お体に気をつけて踏ん張ってくださいね。

 

頑張った先にはきっと、楽しい中学生活が待っています。

【体験談】中学受験後の親子の過ごし方は? 中学受験はかわいそう?私立中学を選んだ理由と、中学受験と高校受験どちらが負担が大きいのか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です