こどもにおすすめ歴史本7選

私立中学と公立中学の学費比較!教育費の貯め時と大学までに貯めるべき金額は?

ミタマロ

こんにちは、私立中学に通う息子をもつミタマロです。

先日、息子の小学生時代のお友達のママ友数人でお茶会をしていた時

 

ふと会話の中に出てきたのが塾代のお話でした。

わがやは私立中学に通っているので学費だけで毎月7万円以上がかかります。

ミタマロ

覚悟はできていたけど高い

そう思っていたのですが、公立に通う子たちも、それほどかからないくらいかかっているのです。

公立中学と私立中学の教育費比較

 私立中学公立中学

初年度入学時に必要な費用

私学:入学金・施設費

共通:自転車・制服・体操服・クラブ活動の道具代

60万円~

~15万円

月々(学校に支払う分と昼食代・クラブ活動費)60,000円~100,000円15,000円~25,000円
交通費0~距離に応じて校区内なら0
塾・習い事費0~50,000円0~50,000円

ミタマロ

塾代がいくらかかるかによって、私立も公立もかなりの差がありますね。

公立中学:塾代だけではなく学校にも意外なお金が必要

公立中学とはいえ、教材費・お昼代・部活(クラブ活動)にかかるのが15,000円から20,000円ほどがかかります。

 

入部するクラブ(部活動)によっては、道具が高いです。

ユニフォーム・スパイク・ラケット・グローブ・バッド等

それに加えて塾代が10,000円~50,000円ほどかかります。(中1が1番安く、中3になると上がる塾が多いです)

公立の場合も進研ゼミやZ会を上手く活用して最低限で乗り切っている方もいらっしゃいますが、高校受験があるので塾に通う子が多いと思います。

大手塾の場合は、英検のサポートが手厚く、模試の精度が高いです。

あらゆるパターンの問題を教えてくれるので進学校を狙う場合には必要になってくると思います。

大手塾にお墨付きをもらえれば自信をもって受験することができるので、息子が公立中学に通っていたら大手進学塾の集団を選んだと思います。

こどもの性質によっては、個別指導も優れた部分はありますが、コスパが悪く、競争が働かないのが難点です。

大手塾の場合は、30,000円~60,000円くらいかかっているそうです。(別途季節講習費用も必要です)

私立中学:塾代がかかれば1ヶ月10万円超え

ミタマロ

最低限かかる費用が大きいですね。

入学金・施設費・月々の学費だけでもかなりの費用がかかります。

制服も公立より少し高い程度の学校から倍以上かかる場合もあります。

クラブ活動費も公立と同じようにかかります。

スポーツに熱心な中学に入学した場合は、この費用も公立よりもかかる可能性があります。

部活動費だけでも遠征費や合宿代も多くかかる場合は月々10万円くらいかかるようですね。

すごいね。

ネコさん

 

私立の場合は、高校受験がないので、塾無しでも乗り切れます。

学校での進度が早く、課題も多い学校の場合は、かえって塾に行くとどっちつかずになるという意見もありますので、わがやは塾無しで様子を見ています。

もちろん塾に通っている子も多いですが塾に行っている子が成績が良いとは限らない。むしろ、学校の上位の子は塾に通っていない子が多いようです。

授業について行けるから塾に通う必要がないのかもしれませんが。

大学生になるといくらかかる?

大学の学費は国立(公立)大学、私立大学か

理系に進むか文系に進むかでも大きく異なりますが、私立大学の一般的な理系学部(医療系ではなく)に進み、京都や大阪、神戸等の都会の方に住むと、4年間で1000万円以上はかかります。(東京だともっとかかります。)

国立や公立の場合は学費が大体年間60万円ほどで生活費が10万×12ヶ月=120万円とすると180万円

入学金や教科書代と足しても800万円ほどで済むかもしれませんね。(家賃やアルバイトをどれくらいするかによる)

入学までに最低でも500万円は貯めておかないと厳しいと思います。

私立の場合は1000万円の学費から貯蓄500万円と残り500万円を4年間で支払うことになるので毎年200万円くらいの貯蓄ができている家庭なら生活を変えずに工面できると思います。

もちろん何人兄弟か、歳の差はいくつかによっても変わってくるので年子や2歳差兄弟の場合はもっと貯めておく必要がありますね。

さいごに:どちらにしてもお金はかかるので、小学生のうちに最低でも1人につき500万は貯めておこう!

 

私立中学・公立中学どちらにしても公立小学校よりもお金はかかってきます。

中学受験をする場合は、小学校で塾に通い始める前にはまとまった金額を貯めておかないと、かなり辛いと思います。

そして、公立中学に通えば、お金が貯まるわけではないので、どちらにしても小学生の低学年の時期に、しっかりと貯めておくことをおすすめします。

 

正直、私立中学に行かせようとするなら、余裕資金で1000万円は貯まっていないと、その後の生活は厳しいかと思います。

私立中学に通いながらも貯蓄ができる余裕は必要です。

教育費で破綻してしまっては元も子もないので無理のない進学先と無理のない塾を選ぶ必要があると思います。

ミタマロ

お手頃の塾か通信講座+大手塾の模試を受けるという手もありますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA