こどもにおすすめ歴史本7選

「沈まぬ太陽」をAmazonプライムビデオで見よう!WOWOWドラマが面白い

こんにちは、Amazonプライムでドラマを視聴しているミタマロです。

恋愛ドラマ、ファミリードラマ、ミステリーも大好きだけど、社会派ドラマや仕事系のドラマは最近1番はまっているジャンルなんです。

特にその中でもWOWOWが制作したドラマが大好物です。

リアルで脚本が良く、俳優が豪華で演技派ぞろいです。

ミタマロ

本当にリアルだよ

Fire TV stickで大画面でAmazonプライムビデオ視聴できます!☟

沈まぬ太陽はJAL(日本航空)の実話!

WOWOWが豪華キャストで制作した実話のドラマです。

なんと、全20話!

ミタマロ

韓流ドラマみたいに長編だね。

山崎豊子さんが主人公のモデルとなった方に何度も繰り返し取材をして実話を元にして書かれた小説です。

JAL(日本航空)の労働組合の委員長を務めたことがきっかけで苦労の多い人生になってしまいます。

主人公の恩地さんが事なかれ主義の長いものにはまかれるような人の場合は出世して会社の重役になれたのでしょうね。

ミタマロ

東大卒のエリートだけど不遇な人生だよ。

沈まぬ太陽の豪華すぎるキャスト

恩地家:上川隆也(恩地元)、(妻)夏川結衣(りつ子)

行天家:渡部篤郎(行天四郎)、(妻)若村麻由美(麗子)

    (行天の愛人)長谷川京子(小川亜紀子)

 

味方:檀れい、徳重聡、甲本雅裕、長谷川朝晴、小泉孝太郎、長嶋敏行、大杉連、平田満、渡辺大

敵:國村隼、板尾創路、古谷一行、鶴見辰吾、袴田吉彦、陣内孝則、佐野史郎、升毅、ダンカン、高嶋政伸、西岡徳馬

政界:平幹次郎、蛍雪次郎、橋爪功、石丸幹二、伊武雅刀、渡辺哲、本田博太郎、羽場祐一、

被害者遺族:下条アトム、中村育二、田中隆三、山本圭、麻生祐未、戸田菜穂、室井滋、柏原収史

新聞記者:ミムラ、原田泰三

東京地検特捜部検事:片岡愛之助

ミタマロ

ざっとこんな感じ。

豪華でしょ??

 

ドラマの感想

軽くて笑えるドラマが好きな人はやめておきましょう。

恐ろしく重たい内容です。

社会派ドラマは好きなわたしにも結構どしんときました。

なんせ20話と長いのに全話内容が濃いのです。

そしてこれが実話だとしたら許せない。(実話らしいのですが。。。)

会社の重役といい政治家といい、偉くなる人は欲にまみれてる。

金と女と権力と。

政治家がらみのニュースといえば不倫とお金のニュースだもんね。

結局他人の事なんてどうでもよくて、1人の人生なんてどうでもいい。

利用できる人にはすり寄って、利用価値がなくなればポイ捨てです。

自分の会社が大事故を起こしたといっても申し訳ない気持ちよりも保身しか考えていない。

こういう人が上にいるんだからよくなるはずがないんですよね。

志を持った人はつぶされちゃうんだから。

遠い僻地に何年も飛ばされちゃうんだから。

このお話、良い人はみんなひどい目に合わされるんですよね。

そして、自分たちの給与や待遇を改善する事に力を尽くしてくれた恩地に対する風当たりの強い事。

大人のいじめですね。

先生同士のいじめが話題になっているけど大企業でもどこでもあるんだよ。

先生でもエリートでもいじめがあるのに子供同士のいじめが無くなるわけがないですよね。

話はそれましたが。。。

それでも恩地さんは権力に屈しないんです。

そして何を言われても誠実な対応をしている。

そして言い訳もしないし人の悪口も言わないんですよね。

不器用で誠実で我慢強くて優秀な人です。

ミタマロ

わたしならパキスタン・カラチに異動した時点でやめると思うよ
 

さいごに:沈まぬ太陽は魅力が4つあるので見て欲しい!

すごく重い内容だけど、魅力がいっぱいです。

①実話だということ。

とにかく実話という事が面白い。

しんがりもそうだけど、1つの会社がこんな風に腐っていって潰れていくんだっていうことがとても勉強になります。(この話では潰れないけど実際リーマンショック後につぶれますから。)

②キャストがすごい!!!

上川隆也さんと渡部篤郎さんがよかったですね。

それぞれの奥様も夏川さん、若村さんがそれぞれあっていましたね。

若村さんはすごい。

愛人の長谷川京子にも全然負けていない美貌と迫力はやはりすごかった。

こういう時に声も荒げずに静かに手切れ金を渡すだけでこんなにも迫力を出せる女優さん。

夏川さんは若い時の色気とは違った柔らかい雰囲気が素敵ですよね。

どちらも大好きな女優さんです。

國村さんの只者じゃない感じ。

板尾さんと袴田さんのせこさ。

堀部さんと佐野さんの一番手じゃないちょい悪感。

私的には高嶋政伸さんの最後のシーンはいまいちだったけどね。

③バブルの時代背景が面白い。

今の20代の人にはぴんとこないと思いますが、男性のたばこシーン。

今では若者は吸わない「たばこ」は当たり前のように吸われていました。

こどもの前で煙の輪っかを作るという今の時代なら虐待ともとれるような行為が当たり前だったんですよね(^^;

殺す気か。

ネコさん

それとバブル時代の派手な女性。

愛人のマンション。

そういうシーン昔はよくドラマで見ていましたね。

④スケール感

映画を見ているかのようなスケール感が味わえます。

特に、オープニングで流れるアフリカの太陽。

アフリカを意識したであろう音楽がなんとも言えないです。

オープニング飛ばす派のわたしが毎回流していました。

このスケール感だけでも見る価値あり!と思わせてくれますよ。

WOWOWドラマ「アキラとあきら(池井戸潤原作)」はAmazonプライムでも視聴できる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA