こどもにおすすめ歴史本7選

Stock Point for CONNECT(ストックポイントコネクト)とは?メリットデメリットと概要

 

Pontaポイントを運用していたのですが、ある日、Pontaポイント運用にログイン使用ししたら下記の表示がされ、すぐにStock Point for CONNECTのページへと飛びました。

平素は、「Pontaポイント運用」をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

「Pontaポイント運用」は新サービスの「StockPoint for CONNECT」に移行されましたので、StockPoint for CONNECTサイトからログインしてご利用ください。

Pontaポイント運用でご利用いただいたログインID、パスワードは、引き続きStockPoint for CONNECTでご利用いただけます。

10秒後に「StockPoint for CONNECT」サイトに自動的に移動します。

https://connect.stockpoint.jp/

※移動しない場合は、上記URLをクリックしてください。

Copyright © STOCK POINT Inc. All Rights Reserved.

Stock Point for CONNECT(ストックポイントコネクト)はPontaポイントから投資できるPontaポイント運用より進化したサービスになっていました。

その概要を説明します。

Stock Point for CONNECT(ストックポイントコネクト)とは?

(株)STOCK POINTによって運営される、Pontaポイント等での株式投資ができるサービスです。

ミタマロ

STOCK POINTとは、ポイントで株が買えるサービスを提供している会社です。

投資できるポイントは?

投資できるポイントはPontaポイントだけではありません。

  • Pontaポイント
  • 永久不滅ポイント
  • ドットマネー
  • STOCK POINT

上記の4つのポイントからの投資が可能なのでポイ活をしている人にとっては比較的簡単に貯められてしまいます。

投資可能な銘柄は106銘柄(2020/8)

運用できる株式は100銘柄、ETFが6銘柄です。

ある銘柄を購入し、別の銘柄に交換したいという時には2種類の方法があります。

  • 一旦売却し、ポイントとして持っていおいてから別の銘柄を購入する方法。
  • 最初に持っている銘柄から交換する方法。

株式を1ポイント分から購入できるのは画期的な事ですね。

株式100銘柄

ア行

  • 旭化成アサヒグループホールディングス
  • 味の素
  • イオン
  • ANAHD
  • NEC
  • NTTデータ
  • ENEOSホールディングス
  • AGC
  • 王子HD
  • オリエンタルランド
  • オリックス
  • オリンパス

カ行

  • 花王
  • カルビー
  • キッコーマン
  • キヤノン
  • キユーピー
  • キリンホールディングス
  • キーエンス
  • KDDI
  • ゲオHD
  • コカ・コーラボトラーズジャパン
  • コマツ
  • コメダ

サ行

  • サイバーエージェント
  • サントリー食品
  • 資生堂
  • 清水建設
  • 商船三井
  • JR東日本
  • Jフロント
  • JAL
  • すかいらーくホールディングス
  • スクエニHD
  • SUMCO
  • セガサミーHD
  • 積水ハウス
  • セブン&i
  • Zホールディングス(旧ヤフー)
  • ソニー
  • ソフトバンク
  • ソフトバンクグループ
  • ZOZO

タ行

  • 武田薬品
  • 第一生命HD
  • ダイキン工業
  • 大和ハウス
  • 帝人
  • 東急
  • 東京海上
  • 東京ガス
  • 東レ
  • トヨタ自動車
  • TOTO
  • ドコモ

ナ行

  • ニチレイ
  • 日産自動車
  • 日清食品
  • 日清粉G
  • 日本ハム
  • ニトリHD
  • 日本水産
  • 日本製鉄
  • 日本たばこ産業
  • 日本電産
  • 日本マクドナルド
  • 任天堂

ハ行

  • バンダイナムコホールディングス
  • パナソニック
  • 日立製作所
  • ビックカメラ
  • ファーストリテイリング
  • 富士通
  • 富士フイルムホールディングス
  • ブリヂストン
  • ホンダ

マ行

  • マルハニチロ
  • みずほフィナンシャルグループ
  • 三井不動産
  • 三井物産
  • 三越伊勢丹
  • 三菱ケミHD
  • 三菱商事
  • 三菱重工業
  • 三菱電機
  • 三菱UFJ
  • 明治ホールディングス
  • メルカリ

ヤ行

  • ヤマダ電機
  • ヤマトHD
  • ヤマハ発動機
  • ユニ・チャーム
  • 吉野家ホールディングス

ラ行

  • ライオン
  • LINE
  • 楽天
  • リクルートホールディングス
  • 良品計画
  • ローソン

ETF6銘柄

  • 原油インデックス
  • 上海株式指数
  • ジャパンリアルエステイト投資法人
  • 純金上場信託
  • 日本株ダブルインバース上場投信
  • 米国株指数30種

ミタマロ

有名な銘柄ばかりだね。

Stock Point for CONNECTのメリット・デメリットは?

メリット

【メリット1】Pontaポイントなどの余ったポイントで投資ができる。

ドットマネーは現金に直接交換が可能です。

現金に交換できれば証券口座で取引きもできますので、わざわざポイント投資にまわさなくてもいいのかもしれません。

永久不滅ポイントも、ドットマネー経由で現金化が可能ですし、クレジットカードの支払いにも使えます。

さらに、永久不滅ポイントを使ったポイント運用もあります。

株式に交換ができるので、換金も可能。

【メリット2】

運用中のポイントを一旦キャッシュポイントに変更せずに、銘柄の変更ができる。

【メリット3】

STOCK POPINTから移行し、そのまま引き続き運用できる。

ミタマロ

わたしは全部コネクトの方に移行して、銘柄も1つにまとめました。

頑張って1株にしたい!

デメリット

【デメリット1】

ドットマネーや永久不滅ポイントから交換しても、ポンタポイントで引き出すか、CONNECTの証券口座を作らない限りは現金化できない。

STOCK POINTとの違い

投資できるポイントが違う

Stock Point CONNECT

  • Pontaポイント
  • ドットマネー
  • 永久不滅ポイント
  • STOCK POINTフリーポイント

下の画像の通り、現在は100マネーから100spと、手数料が無しで交換ができます。

STOCK POINT

  • ドットマネー
  • 永久不滅ポイント
  • MIポイント

 

ミタマロ

ドットマネーと永久不滅ポイントはどちらも使えるんだね。

交換できるポイントが違う

運用をストップしてポイントの交換先が違います。

ミタマロ

どちらも1株に達すると本物の株に交換ができます。

Stock Point CONNECT

  • Pontaポイント
  • 株に交換(CONNECT証券口座)

ミタマロ

PontaポイントはauPayで使えるようになった分、使いやすくなったかな。

STOCK POINT

  • ドットマネー
  • 永久不滅ポイント
  • 株に交換(みずほ証券・SBI証券)

ミタマロ

ドットマネーに交換できると現金化が可能なのでSTOCK POINTの方がいいね。

株式への交換先の違い

どちらのサービスも、株式が1株分になると本当の株式に交換することができます。

そうすると、配当がもらえる・株主優待がもらえるなどの権利を得ることができるので、このサービスを利用するなら証券口座を開設するといいと思います。※株主優待は100株以上からもらえる会社が多いです。

STOCK POINTはみずほ証券か、SBI証券に口座を持つ必要があります。

Stock Point for CONNECTは「CONNECT」という大和証券グループの運営する証券会社に口座を持つ必要があります。

Pontaポイントで投資して、増えたらそのままPontaポイントとして使うだけの目的なら証券口座は作らなくて大丈夫です。

CONNECTとは?

大和証券グループが運営する新しい証券口座です。

  • 1株から購入可能
  • スマホアプリで手軽に操作ができる。
  • 手数料は一律0.033%(上限660円)
  • 月10回までの手数料無料クーポン(翌月繰り越しができる)
  • NISAに対応している。

ミタマロ

月10回まで手数料が無料っていうのは親切

Stock Point for CONNECTの評価は?

本家のSTOCK POINTの最大のデメリットは、高い手数料ですが、今のところはドットマネー、Pontaポイントどちらから交換する際も、手数料がいらないようです。

わたしがこちらの方が気に入ったので、STOCK POINTで持っていた株式をすべて移行しました。

ミタマロ

CONNECTの口座開設して1株を目指そうと思っています!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA