こどもにおすすめ歴史本7選

ソニー生命変額年金保険「世界株式型」に4年10か月掛けてきた運用成績は?

ソニー生命変額年金保険を契約してから4年と10か月分を払い込みました。

基本の年金額は30万円で、3.5%の運用になると30万円くらいになり、約30万円を10年間もらえることになります。

現在は「世界株式型」に100%配分しています。

契約して以来、配分は変えたことがありません。

月々の掛け金は6,147円と少ないのですが、運用が上手くいけば500万円、700万円も夢ではないのかもと期待しています。

では4年10か月の運用成績等を見ていきましょう。

ソニー生命変額年金保険4年10か月の運用成績

運用成績は11.28%です。

世界株式型100%です。

この成績はいいのか悪いのかといいますと、他の好成績かつ人気で有名なファンドやETFの5年間のリターン次の通りです。

DIAM新興市場日本株ファンド:30.66%

ひふみ投信:12.59%

VT(外貨ベース):10.35%

VOO(外貨ベース):12.10%

NASDAQ-100(R)連動型上場投信:20.16%

セゾン資産形成の達人:8.92%

世界株式型のアクティブファンドであることから考えると、セゾン資産形成の達人と比べると1番しっくりきます。

ソニー生命変額年金保険の世界株式型の4年10か月の運用リターンが11.28%

セゾン資産形成の達人の5年間の運用リターンが8.92%であると考えると、いい成績だと言えますね。

解約返戻金は元本より増えた

解約返戻金:405,303円

既払込保険料:356,526円

契約者貸付:364,000円

払込済みが6,147円を4年10か月で356,526円ですが、今解約すると405,303円がもらえます。

ミタマロ

5万円以上増えてる!!

これは貯蓄と考えたら年利で約5.3%の利子がついたことになります。(複利積み立て計算)

ミタマロ

60歳まで解約はしないけどうれしい!

契約して約5年の感想は?

運用成績として11%もあるということは、わたしは満足しています。

「変額年金はやめておいた方がいい。」

「手数料をとられる保険や年金を掛けるくらいならS&P500インデックスに連動するETFや投資信託で投資をした方がいい。」

こういう意見は多いですし、実際、全力で変額年金に投資するのは怖いのかなあと思っています。

わがやの場合はiDeCo、NISA、定額年金、投資信託(アクティブ・インデックス)、米国ETF、国内・米国株式、社債公社債等・学資保険・預金に振り分けています。

iDeCo、定額年金、変額年金は基本的には老後の資金として

学資保険は教育費として

その他の投資信託や株は

その時に「年金しかない」「投資していて元本割れになっている」というような状態は困るので細かく分けています。

米国株(S&P500やNASDAQ100やFANG銘柄)が好調でも100%を投資するのは怖いです。

かといって、日本のグロース株も全力買いはできません。

資産を分散させておくと安心ですね。

ソニー生命変額年金保険がおすすめの人は?

iDeCoの枠、定額年金の控除枠を使い切っている人

専業主婦で少しでも年金額を増やしたい人

生命保険控除の枠を使い切っていない人

投資信託より死亡保障や、高度障害状態の払込免除の特約がついている方が安心だという人

こんな人にはおすすめです。

保障より低コストをとるなら投資信託だけでいいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA