こどもにおすすめ歴史本7選

公文の国語はおすすめできる?メリットとデメリットは?本を読むだけでは国語の成績の改善にはなりません

ミタマロ

こんにちは、ミタマロです。

息子が中学受験をする前に、公文をしていた経験をもとに、公文の国語がおすすめなのかを説明します。

国語は本当に大切だよね。

とくに、高校の現代文はすぐに成績が上がらない教科の代表だね。

でも、国語の成績をあげたいなら本をいっぱい読んだらいいんじゃないの?

パパさん

ミタマロ

もちろん本を読むことはすごく大切なことだと思うよ。

でも、もともと国語のセンスがない子や普通の子は本を読むだけでは成績が安定しないと思うよ。

こちらの記事もおすすめです。

「ミッケ」と「ウォーリーをさがせ」で集中力を!絵探しで楽しみながら賢く育つ&おすすめの絵探し本も紹介 【体験談】こどもを歴史好きに育てたい!小学生におすすめする本7選と歴史好きになるメリット5つ!

 

息子が公文の先生に言われた事

 

息子が通っていた公文は、超ベテランの先生が教えてくれる教室でした。

息子が通い始めて初めての懇談の時に先生に言われたのが、「この子はきっと、中学生までの勉強はどの教科も困らないです。

でも、高校生になった時、数学・英語と暗記系は大丈夫だけど、国語の現代文が足引っ張ると思いますよ。

古文と漢文は努力でなんとかなるから大丈夫だけど。」

 

小学3年生の公文に通い始めた子のお母さんに話す内容にしては、かなり具体的な内容で驚きました。

 

その頃は、小学校でのテストはどの教科も同じでしたし、国語も得意だと思い込んでいました。

 

その先生の言葉通り、公文では、国語だけは進度が遅かったです。

 

それに反し、息子は国語の教材は、色々な文章が読めるので算数や英語教材より楽しかったそうです。

 

公文をやめてから3年以上が経つ今でも、これは公文の教材で出てきて続きが読みたかった本だ!というようなことを言っています。

 

3年弱の間でしたが、本当に色々な文章を読み、問題を解いていました。

 

公文の国語の構成は?

 

公文の国語教材は、10枚が基本のセットになっています。

 

10枚は多いと感じると思いますが、教材が進んでいけば、1日5枚ずつという風に、教材を減らすことができます。

 

公文のプリントは、1枚が小さいので無理なく解けると思います。

 

それでも個人差があって、こういうプリントをする事自体が辛い子もいると思います。

 

その場合は嫌にならない枚数で調節してあげるといいと思います。

 

そして、どんどん自分で解いていける子はいいのですが、もしできない場合は、一緒に声に出して読んであげてもいいと思います。

 

公文の教材は3教科ともそうだと思いますが、得意な子はどんどん進んでいき、苦手な子は嫌いにならないように少しずつ褒めながら進んでいくのがおすすめです。

 

公文の国語の構成は、漢字や語句問題を最初にします。

 

わたしはどちらかというと、漢字は学校でもできるのでそれほど重要視していませんが、漢字が苦手なお子さんにとっては何回も出てくることで覚えられると思います。

 

その後の文章題では、文章を正確に読み取る力を養うような構成になっています。

 

1つの文章を使って、表と裏で別の問題を出題します。

 

教材が進むと、文章を縮約するトレーニングをしていきます。

 

複雑な文章を読み解く方法を、図式を用いてキーワードを見つけ、言葉の関係性が理解できるように導くような教材になっています。

繰り返し色々な文章を縮約する事で読解力をつけていくという他の教材とは違う構成になっています。

読書では国語は得意にならないの?

 

読書は国語力にとても大切だと思います。

わたしはこどもの頃から本や漫画が好きで読んでいました。

残念ながら読書は好きだったけど、現代文の成績は安定しませんでした。

自分の好きな内容の文章の場合は成績が良く、内容に興味がない時は点数がとれなかったのです。

 

もちろん、元々の国語のセンスが成績に大きく関わってきます。

 

・読書はしないし公文や塾も行かずに国語がものすごく得意な人

・読書をいっぱいしたから国語が得意だという人

・もともと国語のセンスがあるから読書が好きだという人も存在すると思います。

というように、同じことをしていてもセンスの差がどうしても出てきてしまいます。

 

生まれつきセンス抜群の子どもは別として、国語が苦手な子、普通の子、まあまあ出来るくらいの子は、読書と国語の読解法も導いてあげることの両方が必要になってくると思います。

 

※小学生で学校での国語テストは毎回100点をとる。=国語力抜群とは限りません。

 

ピアノでもスポーツでも、指導者による技術的な指導と、自主練習によって上達します。

 

それと同じで読書と読解力を導いてくれる国語教材が必要だということです。

 

読書だけのトレーニングだと勝手な解釈をしてしまいますし、得意な分野と苦手な分野が出来てしまいます。

 

正しい読解力を身に着けるのに、公文と読書が有効だと思います。

さいごに

 

ここまでおすすめしてきた公文の国語なのですが、やはり月謝がお高めなのが難点です。

ミタマロ

前より値上がりしたしね。

公文の金額についてはこちらの記事でご確認をお願いします。

【体験談】公文は中学受験に必要か?

もし、どうしても金額が折り合わない場合は、代わりに出口式の論理エンジンを使っての国語トレーニングもおすすめです。

ミタマロ

めちゃくちゃ有名な予備校の先生です。

有名な塾でも論理エンジンを使っているほど良い教材です。

 

国語の苦手なお子さんの場合、学年1つか2つ下の教材でスタートしてもいいかと思います。

もちろん市販の公文のドリルもおすすめです。

もし、国語や算数苦手ではなく、むしろ得意なお子さんにはZ会がおすすめです。

 

中学受験講座も充実していますので、中学受験するかどうか迷っている方は通塾前にZ会で勉強しておけば、何年生で入塾しても安心だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です