こどもにおすすめ歴史本7選

ソニー生命「変額年金保険」の必要性と運用成績&定額年金と変額年金の違い

ミタマロ

こんにちは、将来が心配で、年金や投資信託を積み立てているミタマロです。

わたしは、自分名義で、ソニー生命の変額年金保険を掛けています。

なんとなく勧誘されて入ってしまったこの変額年金保険は必要なのか他にもっといい積立があるのかどうか。

さらに定額年金との違いとどちらが良いのかをご説明します。

 

保険を見直すだけで節約になります。

 

ソニー生命の「変額年金保険」の特徴は投資信託のような年金

投資信託を積立購入するのに近いです。

60歳まで積み立てて、その後、10年間かけて、年払いか月払いで、年金が支給されます。

運用実績が3.5%を上回ると、基本年金額よりも多く貰え、3.5%を下回ると基本年金額よりも少なくなります。

投資先を選んで、自分で好きな配分に設定できます。

投資信託の投信ブロガーが選ぶ!Fund of the year2018についての記事はこちら

投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2018が発表されたので2017と比較してみました。

投資先は全部で8種類

投資先に加えて、ソニー生命で契約した時に、説明していただいた文言を覚えている限り、書いておきます。

投資先ベンチマーク・特徴ソニー生命担当の方の説明
株式型日経平均(日経225)少し入れておいてもいいと思いますよ。日本株は、長期間で見ると心配なので、途中で配分少なくしてもいいかもしれません。
日本成長株式型TOPIX(配当金込)株式型と同じ
世界コア株式型MSCIワールド・インデックス(配当込・円ベース)世界株式型と似たような動きですが、世界株式型の方が、ファンダメンタルズ分析されていておすすめかな。(この時は意味がわかりませんでした)
世界株式型

MSCIワールド・インデックス(配当込・円ベース)

投資信託の、モルガン・スタンレーグローバル・プレミアム株式オープン(為替ヘッジなし)と同じ

僕は、これに100%全力投資しています。ネスレのような、生活必需品メーカーへの投資の割合が多く、絶対になくならないです。世界では人口が増え続けていますから!!今までの実績でも3.5%なんて、軽く超えていますから。(この後も良さを語ってくれました)
債券型

ベンチマーク無し

円貨建債券を中心にポートフォーリオ。

個人的にはおすすめしません。でも、60歳近くなってきたら、リスクを減らすために、国内債券だけにする方がいいでしょうね。
世界債券型FTSE世界国債インデックス(ヘッジなし・円ベース)個人的にはおすすめしません。
総合型なし個人的にはおすすめしません。
短期金融市場型

短期金利(無担保コール翌日物など)

国内の金利の変動・債券発行体の財務状況の変化

絶対おすすめしません。

わたしが設定している配分

ミタマロ

100%世界株式型にしています。

ソニー生命の方も、そうしていると言われていたので、100%世界株式型にして、変更していません。

決して押し付けられたわけではありません。

定額年金との違いは2つ

定額年金

★定額年金は、もらえる金額が大体決まっているし、最低保証がある。

「個人年金保険料控除」の対象になる。☚メリット

少しでも節税したいですよね。

変額年金

★変額年金は運用が失敗するリスクもあるし、運用に成功して、大幅に増える場合もある。

「一般生命保険料控除」の対象になる。

➡他の生命保険も加入していたら、上限に達してしまうので、無意味になってしまう。

つまり定額年金と変額年金の違いは

・変額年金はハイリスクハイリターン、定額年金はローリスクローリターンである。

・変額年金は一般生命保険料控除の対象になり、定額年金は個人年金保険料控除の対象になる。

こういう違いがあります。

ミタマロ

わたしは、両方契約しています。

ちなみに全額控除対象になり、運用利益の税金も非課税というお得な確定拠出型年金もしています。

確定拠出年金(iDeCo)の選び方!SBI証券 vs 楽天証券

ソニー生命変額年金保険のまとめ

変額年金を掛けていくよりも手数料の安い投資信託を積み立てた方ががいいんじゃないの?という意見もよく聞きます。

手数料や手軽さの面ではその意見が正しいと思いますが、変額年金保険にはメリットがあります。

・契約者が重度障害状態・身体障害になった場合にそれ以降の支払いが免除されるというメリット。

・途中解約すると損をするので積み立てを継続しやすい。

投資信託の場合は少し利益が出ると売りたい衝動に駆られてしまう場合があります。

実際何回も売ってしまって後悔したことがあります。

投資信託やETFはお手軽に売買できることがメリットにもデメリットにもなりえます。

運用がうまくいくことを期待して、積立続けたいと思います。

55歳から60歳までのうちに債券等の安定した投資先に変更すれば受け取り前に大幅に下落してしまうリスクを避けられそうなので忘れないように変更しようと思います。

ちなみに、今で2015年の12月からの運用で、世界株式型は、+17%ほどで運用できているようです。

ここ2年ほどの運用成績は、日本株がよかったみたいですが、世界株式型も17%で運用できていますし、まずまず、満足しています。

追記:2019/1/22 現在の運用実績は5.58%と下がっています。

投資信託と同じように、下がった時にも同じ金額分を積み立てますので、口数が増えてくれます。(ドルコスト平均法)

ミタマロ

将来受け取る時に、支払った額の2倍以上になってたりして

がん保険の必要性を書いています

【体験談】専業主婦にガン保険は必要か?必要な保障を説明します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA