こどもにおすすめ歴史本7選

【2020年】新しいKyash「Kyash Card」の概要&手数料支払って作る価値はある?

こんにちは、わたしがキャッシュレス決済の中でも最近1番よく利用しているのがkyashです。

普通にクレジットカードとして使えるのでスマホのアプリを開く必要がないのにポイントが普通より多くもらえて便利で気に入っているのですが、「2020年の初め頃」に変更されるようなのでまとめてみました。

Kyashとは?

公式サイトより引用

ミタマロ

このKyashは2019年12月現在の方のKyashの説明になります。
 
誰でもすぐに発行できるプリペイド式のVisaカードで、
全国のVisa加盟店で利用できます。
お手持ちのクレジットカードまたはデビットカードを登録することができ、Kyashアプリ上でリアルタイムに管理できます。
公式サイトより引用

バーチャルカードはインターネットでお買物ができ、リアルカードを申し込むとインターネットでも実店舗でもクレジットカードと同じように使えるプリペイドカードです。

自分が持っているVisaかMastercardが登録でき、お支払いをするとKyashにポイント、登録しているカードにも決済ポイントがもらえるのでポイントの2重取りができます。

Kyashの特徴

・消費者還元ポイント対象のカードです。

・Visa提携店で決済ができるプリペイドカード

・お支払い元としてVisaかMastercardを登録できる。

・決済後すぐに支払い明細がアプリで確認できる。

・ポイントがもらえる。(Kyashポイント1%と決済カードのポイント)

・ホテルやガソリンスタンド等利用できない場所がある。

・審査なしで作れる。

・個人間で送金や割り勘ができる。

新しいKyashとは?

新しいKyashは、「Kyash Card」

今までの青いリアルカードは「Kyash Card Lite」

バーチャルカードは「kyash Card Virtual」と名前が変更になります。

デザイン、セキュリティー、機能面等がどのように変更になるのかを紹介していきます。

デザインの変更

表側にカード番号が記されていないので安全です。

今はちょっと派手な水色のカードだったので出すのが恥ずかしいけどこれくらいシンプルだと出しやすいですね。

公式サイトより引用

機能面

ICチップが入ったことによって暗証番号とVisaタッチ決済が可能になります。

上の画像のカード右上にあるのがVisaのタッチ決済対応マークです。

Visaタッチ決済はまだ使ったことがありませんがどんどん普及すれば便利ですね。

お得度は?

新カードは発行に900円がかかってしまうので、発行してから少なくとも900ポイントは貯めて使わないと損してしまいますね。

以前のようにKyashカードだけで2%還元されるとありがたいけど1%だとちょっと微妙かなあ。

ただし、年会費が無料なのは親切ですね。

Kyashポイントとして1%がもらえ、月12万円までの決済がポイント付与対象になるのでよく使えば1ヶ月でカード発行の分は元がとれてしまいますね。

 

ただし、要注意なのが公式サイトの特約にあるように

Kyashリアルカードの盗難、偽造、紛失等その他の事由(以下、まとめて「盗難等」 といいます。)によりKyashリアルカードが第三者に不正利用された場合、当該不正利用が次項の通知後か否かにかかわらず、ユーザーに損害が生じた場合であっても、弊社は責任を負わないものとし、ユーザーはそのKyashリアルカードの利用代金についてすべて支払いの責を負うものとします。公式サイトより引用

不正利用されても補償しませんっていう文言が入っています。

ミタマロ

怖いね

もしカードを紛失した場合や、自分で使ったのかわからないような明細をアプリで確認した時には速やかにアプリで「カードを一時ロックする」で使えなくするのをおすすめします。

カードを一時ロックする方法

アプリを開いて【ウォレット】画面でカードの絵をタップし、【カードを一時ロックする】にチェックするとカードが使えなくなります。

ミタマロ

長期間利用しない人はロックしていた方がいいかも。

3種類のKyash比較

ミタマロ

新しいKyashとリアルカードとバーチャルカードを比較します。

比べる3種類

・「kyash Card」新しいKyash

・「kyash Card Lite」現リアルカード

・「kyash Card Virtual」

  kyash Card(新) kyash Card Lite kyash Card Virtual
ICチップ    
Visaタッチ決済    
GooglePay
国内利用 オンライン決済のみ
海外利用 オンライン決済のみ オンライン決済のみ
1回あたりの決済上限 30万円 5万円 3万円(本人認証無し5千円)
月あたりの決済上限 100万円 12万円 12万円(本人認証無し2万円)
ポイント還元率 1% 1%(2020/4/1より0.5%) 0.5%
月あたりのポイント対象上限額 12万円 12万円 12万円
発行手数料 900円 300円 無料
年会費 無料 無料 無料
本人確認書類 必要 不要 不要

さいごに:発行手数料支払う価値はあるのか?

ICチップがついてセキュリティーが向上し、Visaタッチ決済もできるようになるという点では改良されたと思います。

 

ただ、発行手数料や不正利用に対しての補償がないという面が心配ですね。

そして、一般的なクレジットカードに多くついているショッピング保証等を考えると高額商品の購入はためらってしまいます。

今後青い方のカードは有効期限切れになるか、ショッピング上限100万円を超えてしまうと300円の発行手数料がかかります。

その際には新しいKyash Cardに替えるか使うのをやめるか迫られます。

わたしは今後どうするのか現時点では決めかねています。

・900円の手数料を支払いKyash Cardにするか。

・300円の手数料を支払いKyash Card Liteを更新するか。

・無料のKyash Card Virtualのみを使うか。(ネットショッピングだけ)

このままずっと同じだけのポイント還元があるかどうかも分からないので手数料を支払ってまで使うのは本当に微妙なところですね。

悩むね。

ネコさん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA