こどもにおすすめ歴史本7選

投資信託8本に1,000円ずつ毎月投資して7カ月目の結果は?

2020年の2月から8月までの7カ月間、毎月1,000円分を自動で積み立てをしてきました。

楽天証券で楽天カード、楽天ポイントも使いながらの投資に設定しています。

例えば、毎月8,000円を楽天カードで積み立てるので、還元ポイントが最高で80ポイントがもらえます。

それだけでもお得です。

月に50,000円までの買い付けを楽天カードでできます。

さらに、投資信託の残高10万円につき毎月4ポイントがもらえます。

ミタマロ

では、8月5日現在の損益を見てみましょう。

ひふみワールド+

7,980円 +980円 +14%

ひふみワールドは、買い付け銘柄の中で唯一のアクティブファンドです。

その分、信託報酬が高めの設定になっていて心配だったファンドです。

このように、コロナの影響で株価が低迷していた時期に、多めに買い付けてくれています。

8月の積み立ては1,000円で、920口しか買えませんでした。

それに対して、4月には同じように1,000円で1276口も買えました。

つまり、ずっと基準価額が低迷してくれていた方がありがたいということですね。

ミタマロ

なぜか株価が下がらないね。

SBI・全世界株式インデックス・ファンド(雪だるま(全世界株式))

7,559円 +559円 +7.98%

こちらは全世界株式のETFに連動するようになっています。

組み入れ上位1位はもちろん米国ですが、2番目に日本が続きますので、国内株やTOPIXや225連動投信、ETFなどを購入している場合には日本の割合が増えてしまいます。

楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天・バンガード・ファンド(全世界株式))

7,559円 +595円 +8.49%

こちらはSBI全世界株式インデックスファンドよりも米国株式の割合が多く、日本は少し少な目になっています。

この7カ月だけの成績は楽天全世界株式が少し上回っていました。

長期間積み立てていくと、どれだけ違ってくるのか楽しみですね。

eMAXIS Slim全世界株式(除く日本)

7,587円 +587円 +8.37%

eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)

7,562円 +562円 +8.02%

 

楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天・バンガード・ファンド(全米株式))

7,665円 +665円 +9.35%

バンガード社の超有名なETF「VTI」に投資できるということで大人気のファンドです。

ここ7カ月ではS&P500より、成績が良いということですね。

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)

7,622円 +622円 +8.88%

信託報酬を常に最安値にしてくれるeMAXIS SlimシリーズのS&P500です。

ここ7カ月の運用成績は楽天VTIに負けています。

グローバル3倍3分法ファンド

7,387円 +387円 +5.53%

先物を使った投資をし、純資産の3倍の投資をするという他にはない投資信託です。

もう少し投資を続けていけば、どういう動きをするのかつかめるかと思いますが、いまいちわかっていません。

ミタマロ

プラスにはなっているけど仕組みがよくわからない。どんな相場に強いんだろう?

さいごに

今回は8本すべてが利益が出ていますが、4月ごろはマイナスになっていました。

長期で投資をするつもりなので、大きくマイナスになった時こそ、スポット投資で金額を増やしていこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA