こどもにおすすめ歴史本7選

2020年冬ドラマ(1月~3月)感想。テセウスの船と知らなくていいコト面白かった。

こんにちは、ドラマが大好きなミタマロです。

2020の1月~3月放送ドラマが続々と最終回を迎えていって寂しいですね。

毎度のことながら、期待していなかったけど面白かった。

逆に期待していたけどそうでもなかったドラマがありました。

今回は全体的に粒ぞろいでしたが面白かったドラマ、普通だった、ちょっとがっかりだったドラマをまとめてみました。

ここで紹介している時点で最後まで見たドラマなので、つまらないというわけではありません。

ミタマロ

早速紹介していきますね。

面白かったドラマ

あくまで個人的な感想なので細かいご指摘は許していただきたいのですが、好きだった3作品はこんな感じでした。

・テセウスの船

・病室で念仏を唱えないでください

・知らなくていいコト

テセウスの船

まずテセウスの船は最後まで犯人(加藤みきおの共犯者)が誰なのかわからなかったのがよかったです。

ミステリーの場合は原作を読んでいても楽しめることって大事ですよね。

主人公が過去にタイムスリップしてしまったところではちょっとどうなっちゃうんだろうって心配してしまいましたが、憎んでいた父親や暗いイメージの母や姉や兄が実はとても明るくていい家族だったということがわかっていく過程がとてもよかったです。

毎回感動して泣いてしまうようなシーンがありました。

ミタマロ

ラストもよかった~!

榮倉さんと鈴木さんのおじいいちゃんおばあちゃん姿とまさかの澤部さんの登場で一緒に見ていた家族が吹き出してしまって集中できず浸れなくなりましたが(怒)

ぼくのこと?

パパさん

病室で念仏を唱えないでください

全然期待していなかったこのドラマ。

思ったより面白かった。

こどもの頃、目の前で溺れた友達を助けられなくて後悔している主人公の松本先生が人間らしくてよかった。

天才医師でもないけど目の前にいる患者を懸命に助けようとする姿と普段の器の小ささのギャップが面白かった。

ミタマロ

病気になったらこういう先生に診てもらいたいな。

知らなくていいコト

前から吉高由里子さんのお仕事系ドラマ大好きです。

仕事はバリバリできるけど華奢でどこか無理をしているキャラクターがとてもよかった。

そして彼女は恋の相手役を輝かせる天才なのでは?

柄本さん演じる「尾高さん」はかっこよかった!

前作の「わたし定時で帰ります」の向井理さん演じる「種田さん」は全作品の中で1番輝いていた。

彼女の華奢で小柄なルックスのおかげなの??

そして吉高由里子さんだけではなくて登場人物全員のキャラが良かったです。

柄本佑さんや佐々木蔵之介さん、今回とっても卑怯で情けない役だった重岡大毅さんもいい味出してました。

重岡くんファンは残念がっているようだったけど、わたしはこの役を見てこの人、演技できる人なんだ~って思いました。

ミタマロ

野中くん面白かったよ

普通だった

・恋はつづくよどこまでも

・トップナイフ

恋はつづくよどこまでも

ただの胸キュン系ドラマかと思ったら、しっかりと医療ドラマの面がありました。

そして、ヒロインの上白石萌音さんがしっかりとした演技で見ていて安心感がありましたね。

普通に面白かったと思います。

わたしにとってはそれだけでした。

個人的には胸キュン要素は足りなかったかな。。。

過去放送の「わたし定時で帰ります」「初めて恋をした日に話」「中学聖日記」に勝てていなかった。

甘いシーンは盛沢山だったけどそうじゃない感がありました。

ミタマロ

好みの問題だと思うけどね。

トップナイフ

それぞれの先生のキャラクターがいまいちつかめないまま終わっていった印象でした。

天海祐希さん主演ということで勝手にBOSSや離婚弁護士のようなコミカルな話をイメージしていたけどそうでもなく、シリアスなのに急にエンディング踊りはじめたり。

広瀬アリスさんのキャラもよくわからなかったし。

バーテンダーよの恋のシーン、必要だったかな?

ミタマロ

期待感はすごかったんだけどね。

ちょっとがっかりだった

・10の秘密

10の秘密

個人的にすごく楽しみにしていた作品でしたがよくわからないまま進んでいって終わってしまいました。

同じミステリー作品でもテセウスの船のような「家族の絆」がしっかりとしたテーマになっていない分、ストーリーに一貫性がなかった。

それぞれの秘密も思ったより弱く、渡部篤郎さんも結局いい人なのか悪い人なのかっていう終わり方だったし佐野史郎さんもラスボスにしてはあっけなかった。

向井さん演じる圭太もついお金につられて不正をして会社をくびになってしまうし

父と娘の絆も微妙だったし。。。

向井さん・渡部さんファンとしてはもっと面白くしてほしかったと思いました。

ミタマロ

でも、お二人とも素敵でした

さいごに:医療系ドラマ多かったな

今回は医療ドラマが多かったですが、一番期待していなかった「病室で念仏を唱えないでください」がまさかの一番面白いという結果になって驚いています。

ミステリー・医療と分野は違えど評判の良いドラマはやはり、「家族」「恋人」「夫婦」「友達」の絆がテーマになっているように思います。

大事な人への想いが伝わってくるドラマが面白いんですよね。

ミタマロ

ドラマだけじゃなく、漫画だってそうよね。

次回、2020年4月ドラマは人気ドラマのシリーズものが多く期待ができますが、ぜひとも人との絆を強く感じられるドラマ作って欲しいな

えらそうだな。

ネコさん

「知らなくていいコト」と「シロでもクロでもない世界でパンダは笑う」「トップナイフ」を見るならhuluがオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA