こどもにおすすめ歴史本7選

人気のハイトワゴン軽自動車N-BOXとスペーシアはどちらがおすすめ?わが家の選択は?

ミタマロ

こんにちは、クルマが好きなミタマロです。

この前オートバックスでメインの新車を購入したばかりのわが家ですが、セカンドカーのコンパクトカーも9年目と限界を迎えてしまっていますので、軽自動車の購入を考えています。

何を買うか決めてるの?

パパさん

ミタマロ

2車種までしぼってるよ!N-BOXかスペーシアにしようかなあって思ってるの

この記事では、今一位を争う人気の軽自動車2台のどちらを買うべきか、悩んでいる人にも参考にるように比較しています。

結論、どちらもいい車ですが、少しずつ違いがありますのでご覧ください。

わが家の軽自動車購入条件は?

 

わが家の軽自動車条件

  • 男性が乗っても違和感がないかっこいい系のデザイン。
  • 子供がドアを乱暴に開けないか心配なので、後ろは両側スライドドア。
  • 人気がある。(下取りの事を考えて)
  • 広いハイトワゴン。これは絶対に譲れない条件です。
  • 値段は20万~30万円くらいの差までなら気に入った方を購入する。
  • 安全性能がしっかりしている。

 

ミタマロ

ぼくも乗れるデザインにしてくれるのね。

ミタマロ

わたしも可愛い系よりかっこいい系が好きだし、息子もあと4年ほどで運転できるようになるしね。

N-BOXとスペーシアに絞った理由は?

 

この2種だけではなく、他にもライバルの車がたくさんありますね。

本当にハイトワゴンの軽自動車の人気の高さがわかりますね。

 

トールタイプ軽自動車

  • タント➡友人が乗っている。(これ重要!)
  • ルークス➡四角くなく、ほっそりとしたデザインが好みではない。スタイリッシュすぎる。
  • ウェイク➡なんとなくアラフォーというより、もっと若いイメージがある。
  • ムーヴキャンパス➡可愛いしオシャレだけど、息子が運転できるようになった時にはデザインが可愛すぎる。

 

こんな感じで候補からはずれていきました。

 

※あくまでわたしの勝手な意見です。上であげた車は、どれも機能的でオシャレだし人気がある車種ばかりです。

 

N-BOXは、ここ何年もずっと人気があるのと、ホンダ車は、今まで乗った中では軽く運転ができて、好みなんですよね。(表現が下手でごめんなさい。)

 

N-BOXの特徴

 

N-BOXカスタムを公式サイトで確認

引用元:ホンダ公式サイト

引用元:ホンダ公式サイト

 

安全性能

 

ミリ波レーダーと単眼カメラとソナーセンサーで軽自動車とは思えないくらいの安全性能です。

 

先進の安全運転支援システムHonda SENSING

衝突軽減ブレーキ

誤発進抑制機能

歩行者事故低減ステアリング

路外逸脱抑制機能

ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)

LKAS(車線維持支援システム)

先行車発信お知らせ機能

標識認識機能

後方誤発進抑制機能

オートハイビーム

クルーズコントロール機能もオートハイビームが軽自動車についているのがすごいと思います。

ミタマロ

先行車が進むとお知らせしてくれる機能もありがたいね

 

トヨタレーダークルーズコントロールの記事はこちら

高速道路での「追従走行システム(レーダークルーズコントロール)」は実際使いこなせる?メリット・デメリットは?

スペーシアの特徴

 

スペーシアカスタムを公式サイトで確認

引用元:スズキ公式サイト

引用元:スズキ公式サイト

安全性能

 

SUZUKI Safety suppoort

デュアルセンサーブレーキサポート

後退時ブレーキサポート

誤発進抑制機能

後方誤発進抑制機能

車線逸脱警報機能

ふらつき警報機能

標識認識機能

ヘッドアップディスプレイ

先行車発信お知らせ機能

ハイビームアシスト

全方位モニター用カメラ

ヘッドアップディスプレイがついているそうです(^^;

これは、フロントガラスに必要な情報がうつるものです。

もはやアニメの世界ですね

 

パワースライドドア予約ロック機能

 

パワースライドドアを閉めている途中に、携帯リモコンでドアロックを「予約」可能。

ドアが閉まるまで待つことなく、降りた後の行動がスムーズにできる。

 

ミタマロ

これいいよね。スライドドアが閉まるの待つの、イライラしちゃうんだよね。

N-BOXとスペーシアの比較

 

比較条件は、わがやの購入するタイプでの比較をしていきます。

 

購入するタイプ

  • カスタムタイプ。
  • ターボでなくてよい。
  • 2WDでよい。
  • 黒色
  • 安全機能は全てつける。

 

この条件で比較したのが、

N-BOX Custom G・L Honda SENSING 支払総額¥ 1,815,890

スペーシア カスタム HYBRID GS(全方位モニター用カメラパッケージ込み) 支払総額¥ 1,773,520

 

どちらもカーナビは付けていませんが、スペーシアは、全方位カメラ用カメラパッケージをつけることによって、安全機能が増すので、つけています(ナビも純正でつける必要があります。)

 

 

ここから、さらにどれだけ値引きをしてもらえるかは、販売店やメーカーや時期によっても違うと思います。

 

予防安全性能はどちらも最高ランクのASV++で同じになっていますが、さきほどの説明のとおり、N-BOXはクルーズコントロール機能がありますし、スペーシアはヘッドアップディスプレイがついています。

 

ヘッドアップディスプレイは使ったことがありませんので、わかりませんが、よく考えるとそんなに必要?とも思いますが、クルーズコントロールはかなり便利な機能です。

 

高速走行をよくする人ならこの時点でN-BOX一択にしてもよいかもしれません。

 

そして、スペーシアは、純正のカメラとナビをつけることによって、全方位が確認できます。

 

軽自動車なので、個人的には必要ないかもしれないと思っています。

 

 見積総支払い額燃費安全性能の違い主な特徴デザイン室内広さ(mm)
N-BOXカスタムG L Honda SENSING¥ 1,815,89027.0km/Lクルーズコントロール 

どの年齢層でもしっくりくるデザイン

長さ2240

幅1350

高さ1400

スペーシアカスタムHYBRID GS¥ 1,773,52028.2km/Lヘッドアップディスプレイ

ハイブリッド

全方位カメラ

パワースライドドア予約ロック

わくわくするようなデザイン。どちらかというと若い人向け

長さ2155

幅1345

高さ1410

結局どちらがおすすめ?

 

高速道路をよく使う方は、クルーズコントロール機能がついているN-BOXがおすすめです。

 

わがやはもう1台のメインカーでしか高速道路での走行はほぼしないと思いますので、ここはどちらでもいいです。

 

燃費はスペーシアの方がよいのと、もともとの価格もスペーシアの方がお安いです。

 

そして、全方位のカメラがついているので、安心感はありますが、N-BOXも、レーダーやソナーセンサー等があり、軽自動車ということもあって、ぶつけてしまう事もないかなあと思います。

 

もし、運転に不安な方は、スペーシアに全方位カメラをつければ安心ですね。

 

今回こうして調べると、どちらか決められないくらいどちらも優秀な軽自動車だとわかりました。

特に安全性能はここ数年で進化しています。

まだまだ大切なこどもを乗せるので、なるべく安全なクルマを買おうと思っています。

 

ミタマロ

わたしの気持ちは外観が落ち着いているので、N-BOXにかたむいていますが、これから試乗したり見積もりをとって最終的にどちらにするか決めようと思います。

コスモ石油のカーリース簡単に見積もりができますよ!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA