こどもにおすすめ歴史本7選

冬季うつ病の原因と対処法は?冬太り・気分の落ち込み・イライラをセロトニンで解決しよう。

ミタマロ

わたしは、秋から冬にかけて気分が落ち込んだりやる気が起きなくなってしまいます。
冬は寒いからどうしても落ち込んじゃうんじゃないの?ぼくは朝が起きられないし食欲がでて3キロも太っちゃったよ

パパさん

ミタマロ

わたしの症状もパパの症状も、冬季うつ病の症状じゃないかな?

母ロスの記事はこちら

「母ロス」は何年で立ち直れる?余命宣告から亡くなってからと、現在のわたし

冬季うつ病(ウィンターブルー)って何?その症状は?

 

冬季うつ病は、日照時間が減り、脳内の「セロトニン トランスポーター」というタンパク質が変動することで起こります。

 

また、同じく日照時間が減る事で体内時計が乱れ、生理機能に影響を及ぼします。

 

つまり、日照時間が短くなることによって起こります。

 

そして、3月ごろになると、何事もなかったかのように治ってしまいます。

 

冬季うつ病の症状
気分が落ち込む

疲れやすい

よく寝ても朝起きられない

集中力がなくなる

食欲が減退して痩せる

食欲が亢進して太る

いつもならできる仕事や作業ができなくなる

 

ぼく、ほとんど当てはまるかも…

パパさん

ミタマロ

わたしは全部当てはまってるよ

 

どうしたら症状を軽くできるの?

 

症状を軽くする方法
起きた時に朝日を浴びる

食べ物でセロトニンを増やす

照明を明るくする(光で治療する)

一定のリズム運動をする(ウオーキング)

人に悩みを打ち明ける

南の方へ旅行する

 

朝起きた時に朝日を浴びながらウオーキングをするのがいいと思います。

 

だけど、それが出来ないのが冬季うつ病の症状でもあると思いますので、朝目が覚めたらすぐに寝室のカーテンを開けて朝日を浴びるだけでも効果があるみたいです。

 

雨や曇りの日は、もったいないからと、照明を付けずにいると悪化してしまうかもしれませんので、明るくして過ごしましょう。

 

そして、家族には自分の症状を打ち明けて、相談すると良いと思います。

 

仲の良い友人に相談しても良いかもしれませんが、抵抗があるかもしれません。

 

その場合は、ちょっとした愚痴や、世間話、趣味の話をするだけでも症状が軽くなるそうです。

 

セロトニンって何?

脳内で作られる、脳内ホルモン(別名しあわせホルモン)

必須アミノ酸であるトリプトファンを材料として作られる。※必須アミノ酸は体内では作られないので摂取しなければならないアミノ酸

 

セロトニンを増やす食べ物一覧
大豆製品(豆腐・納豆・味噌・醤油)

乳製品(牛乳・チーズ・ヨーグルト)

穀類(米)

アブラナ科の野菜(ブロッコリー・キャベツ・ケール・大根・カリフラワー)

ごま

ピーナッツ

バナナ

ブラックチョコレート

赤身肉(牛・豚)

 

トリプトファンの吸収アップするには?

炭水化物(ごはん・パン・麺類)

ビタミンB6(にんにく・まぐろ・レバー)

鉄分(レバー・プルーン・ほうれん草)

を一緒にとる

冬季うつ病まとめ

 

日照時間が減る事でこんなに影響があるんだね。

ネコさん

ミタマロ

そうね。

でも朝起きてカーテンを開けるのは簡単だし、バナナもチョコレートも大好きだから少しずつ実践してみようかな。

それと、南の方へ旅行に行くのはいつでも大歓迎だよ!

パパさん

 

最後までわたしの記事を読んでいただいて、とてもうれしいです。

ありがとうございます。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA